Categories: 美容製品

スキンケアルーチンに追加できる13のモイスチャライザーハック

毎日の保湿は、完全に潤いのある肌にとって女の子の親友であることは誰もが知っています. 私たちは昼夜を問わず使用しており、スキンケアルーチンとスキンケア製品の最も重要な部分です. 私たちのほとんどは、モイスチャライザーなしで外出することすらありません。 しかし、毎日保湿剤を使用しているにもかかわらず、私たちのほとんどはその可能性を最大限に活用できていません. 保湿剤をどの保湿剤にどのように適用するかなどの要因は、保湿剤の利点に影響を与える可能性があります. 以下に、スキンケアルーチンに追加できる上位13の保湿ハックを示します.

  1. 湿った肌

湿った肌にモイスチャライザーを適用すると、水分を閉じ込めることができます。 次にシャワーを浴びるときは、保湿する前にタオルを乾かしてください. 奇妙に思えるかもしれませんが、試してみる価値はあります。

  1. 水性保湿剤

水ベースの保湿剤は、最近すべて誇大宣伝されています。 肌のニーズはタイプによって異なりますが、脂性肌のニーズは乾燥肌のニーズとは大きく異なります. しかし、何か新しいことを試したいときは、さまざまな処方を試すことが非常に有益です. アロエとビタミン E を含むパーソナル モイスチャライザーである輸入された Emerita を使用してみてください。

  1. ミキシングハイライター

保湿剤に少量の蛍光ペンを追加すると、美しい自然な輝きを得ることができます. 好みに応じてハイライターの量を変えて、肌をきれいに輝かせることができます。 NARS イルミネーター、コパカバーナをモイスチャライザーと混ぜ合わせると、しっとりとした仕上がりになります。

  1. お手持ちのリキッドファンデーションに混ぜて

メイクアップの最大の目標の 1 つは、自然に見えるようにすることです。 リキッドファンデーションとモイスチャライザーを混ぜて、顔をカバーし、同時にすっぴんのように見せることもできます。

  1. セルフタンナー

保湿剤にセルフタンナーを混ぜて、自然な日焼けをしましょう。

  1. 保湿剤を使用する前にフェイシャルオイルを使用してみてください

特に乾燥肌の場合は、モイスチャライザーの前に顔にフェイシャル オイルを使用すると、肌に潤いを与えることができます。 フェイシャル オイルを 4 ~ 5 滴垂らすだけで、お肌がしっとりとみずみずしくなります。 Aura Cacia – フェイシャル オイルは、クレンジング後の肌を滑らかにし、肌に美しい輝きを与えます。

  1. SPF入り保湿剤

太陽から常に保護されるように、常にSPFを含むモイスチャライザーを使用してください. 私たちの多くは、日焼け止めを塗り忘れて日焼けしてしまいます。 SPFを含むモイスチャライザーを使用すると、特に長時間太陽にさらされたときに常に保護されます.

  1. 顔に限定しない

私たちのほとんどは、保湿を顔に限定しています。 私たちの首と胸は、顔と同じくらい注意を払う必要があります。 そのため、次に保湿するときは、常に顎のラインを越えて、首と胸に潤いを与えてください. 首などの特定の部位を対象とした保湿剤もあります。

  1. 角質除去がカギ

角質を除去すると、保湿剤の効果が高まります。 角質除去は、皮膚の上に蓄積した死んだ細胞や汚れを取り除くために重要です. そのため、角質を除去していない場合、その上に死んだ細胞層があるため、モイスチャライザーが十分に機能しません.

  1. アイクリーム

目の周りの皮膚は、顔の他の部分よりも薄いことをご存知ですか? これがまさに、顔のその部分に潤いを与えるために別のアイクリームを使用する必要がある理由です.

おすすめ商品:ベアミネラル リニュー アンド ハイドレート アイクリーム

  1. 季節に合わせてスキンケアを変える

私たちの肌は、冬は乾燥しやすく、夏は皮脂が多くなりやすいことに気づいていますか? これが、季節に応じてスキンケアルーチンも変更する必要がある主な理由の1つです. 冬の間は肌に特別な注意を払う必要があるかもしれませんし、夏には軽いローションが必要になるかもしれません.

  1. リップクリーム

唇は一日中水分を補給する必要があるため、常にリップクリームをバッグに入れておきます。 完璧な唇が必要な場合は、唇が乾燥していないことを確認し、毎日水分補給を行ってください.

  1. 一晩中足を特別にケアしてください

保湿に関しては、私たちの足は最も注意が必要です。 足に余分な水分を与えたい場合は、就寝前にフットクリームを塗り、靴下を履いてください。柔らかく美しい足で目覚めることは間違いありません.

Share
Published by
admfbcutepic

This website uses cookies.