日焼け止めで形成外科のメリットを維持

後でクールに見えるように、今はクールにしましょう。 2009 年には 1,700 万件を超える美容整形手術が行われました。ケミカル ピーリング、レーザーによる表面再生、マイクロダーマブレーション、フェイス リフトは、老化を解消するために行われる高額な手術の一部です。 目尻のたるみ、顎のたるみ、額のしわ、そして一般的な早期老化の最大の原因は何ですか? 簡単、日焼け対策!

「若い頃に太陽のダメージが永続的に及ぼす影響について知っていればよかった」というのは、最近よく耳にする言葉です。長年にわたって太陽の下で過ごしたために受けた太陽のダメージを修正するために、ますます多くの男性と女性が整形手術を検討しているためです. 太陽の被害は長期間にわたって発生するため、多くの人々は、日焼け止めを使用せずに太陽の下で過ごした年数と将来の費用を理解し始めたばかりです.

太陽の有害な光線は、他に類を見ない老化プロセスを加速させます。 損傷の回復は、実際には整形手術によってのみ達成できます。 人々が日光を避けたり、少なくとも皮膚を保護したりすれば、後で形成外科医に行くことを避けることができます. また、適度な太陽の安全を実践することで、術後や皮膚科の処置が長持ちし、簡単に怖がることもありません.

それでは、太陽の安全性について話しましょう…

日焼け止めについて考えるときは、「日焼け止めの最終ライン」を考えてください。 日焼け止めは、SPF生地、つばの広い日よけ帽子、日陰などの物理的なブロックよりもUV保護がはるかに劣ります. ただし、物理的なバリアが実用的でない場合に使用する重要な日常の保護手段です。 日焼け止めで最大限の日焼けを防ぐには、紫外線について少し知っておくと役に立ちます。

まず、太陽からは2種類の紫外線が放射され、日焼けによるダメージを引き起こします。 1 つ目の UVA は、皮膚の奥深くまで浸透します。 UVA の強度は、1 日を通して、また 1 年を通して一定です。 2 つ目の UVB は、サンバーン レイと呼ばれます。 UVB 光線は皮膚の最上層を対象とし、その強さは時間帯 (正午が最も強い) と季節 (夏が最も強い) によって異なります。 覚えておくべきもう1つの事実は、日焼け止めのSPF評価は、製品がより長い波長のUVAではなく、UVB光線をどれだけブロックするかを示している. 日焼け止めに酸化亜鉛や二酸化チタンなどの UVA プロテクターが含まれていない限り、人々は SPF の高い日焼け止めを使用して十分に保護されていると考えるかもしれません。 また、UVA波は日焼けしにくいため、知らないうちにダメージを受けている可能性があります。

UVA保護についての詳細 – UVA放射線から保護する3つの成分があります: 酸化亜鉛、二酸化チタン、アボベンゾン. 多くの日焼け止めに含まれるアボベンゾンは、3つの中で最も効果がありません. 結果を出し、日光で分解するには、他の成分と組み合わせる必要があります。 酸化亜鉛は、UVA と UVB 光線の両方を反射する最も広い範囲の日焼け止めを提供します。 また、皮膚に吸収されないため、刺激や副作用がありません。 20%の酸化亜鉛など、より高い濃度の酸化亜鉛を含む日焼け止めは、極端に日光に敏感な人に特に役立つことが示されています.

前述したように、日焼け止めや日よけ帽子などの物理的な日焼け止めを着用するか、日陰にいることが、最も効果的な日焼け止めになります。 日焼け止めは太陽光線を完全に遮断することはできないため、日常生活に物理的な日焼け防止対策を含めることが重要です. 肌を太陽のダメージから守るためには、顔と首を保護することが不可欠です。 顔を保護するために、少なくとも 4 インチのつばが下向きに傾斜している帽子をお勧めします。 つばの大きい帽子やレジオネラ スタイルの帽子も、顔だけでなく首にも影を落とします。 サン フードとフェイス ドレープは、太陽からの物理的な UV バリアを提供するために開発されたユニークな製品です。 そして、サングラスを忘れずに。 サングラスは、特にテンプル イヤー ピースの広いメガネを着用している場合、目を細めるのを減らし、カラスの足の領域を保護する物理的な日焼け止めを提供します。

時が経つにつれて、ますます多くの人々が、若々しい外見を維持するための最も簡単で費用対効果の高い方法は、日焼け止めを日常生活の一部にすることであることに気付き始めています. 日焼け止めをたっぷり塗って、つばの広い帽子をかぶりましょう。 今すぐ日焼け止めにお金を払ってください。後で整形手術にお金を払う必要はありません.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *