肌の色素沈着の改善と治療後効果

自宅でできる取り組みと、皮膚科で治療できる取り組みがあります。

色素沈着のための自然な肌の治療法

ポテトトリートメント

じゃがいもには肌を白くする力があります。 これは非常に簡単な治療法であり、あまり力を入れずに自宅で行うことができます. あなたがする必要があるのは、ジャガイモを取り、それをスライスすることだけです. 水を数滴取り、じゃがいもに塗ります。 このじゃがいもを色素沈着した部分にこすりつけ、30分そのままにしておきます。 じゃがいもをすりおろして果汁を絞ってから塗ることもできます。 30分後、ぬるま湯ですすいでください。

レモンときゅうり

キュウリには冷却効果があり、レモンには美白効果があります。 レモンは天然の漂白剤であり、それ自体でも驚異的な働きをします. これらを毎日適用すると、しばらくすると明確な結果が表示されます。 毎日20分はつけっぱなしにしてください。

パパイヤ、グアバ、バナナなどの他の薬剤も優れた美白剤です.

臨床治療とその後遺症:

これらの治療法を使用しても実りのない結果が得られた場合は、いつでも皮膚科の専門医に相談できます。 その他の肌のトリートメントには、レーザートーニング、スキンポリッシュ、オキシフェイシャルなどがあります。

ほとんどの皮膚治療には副作用はありませんが、レーザーなどの一部の治療では、次のような副作用が生じる場合があります。 これらの影響は時間の経過とともに治まるため、通常は心配する必要はありません。

美容レーザーは集中的な顔の処置であり、次のような影響を引き起こす可能性があります。

痛み

レーザー治療前に麻酔を行いますが、レーザー治療後は多少の痛みを伴う場合があります。 施術後、多少の違和感を感じる場合がございます。

赤みや腫れ

一部のレーザー処置では、皮膚が赤く腫れたままになります。 これが治まるまでに数か月かかる場合があり、完全に治るまで数か月間、肌がピンク色に見えます。

かゆみ

かゆみを感じる患者さんもいます。 これは一般的に回避する必要があり、数日以内に確実に治まります。

太陽への感受性

レーザー皮膚治療は、皮膚を太陽に対してより敏感にします。 そのため、肌への光による損傷を防ぐために、スキン トリートメントの後は日光を避けることをお勧めします。

肌トラブルの再発

レーザー治療は一度きりではありません。 色素沈着を取り除くには、複数回のスキントリートメントが必要です。 皮膚の状態が再発する可能性があります。

全体として、スキン トリートメントは肌を若返らせる素晴らしい方法です。 自然療法でも臨床療法でも、素晴らしい結果が得られます。 ただし副作用には注意!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *